PEAKS 2021年3月号 ガジェット防水ポーチ

PEAKS 2021年3月号 の付録は「ガジェット防水ポーチ」です。

充電器などの電気機器やファーストエイドキット、着火道具など、キャンプには濡らしたくないものが多いですよね。

この間も、せっかくマッチを持ってきたのに濡れてて使えない・・・なんてことがありました。

結論から言うと、今回の付録「ガジェット防水ポーチ」、素晴らしいクオリティです!

どう素晴らしいのか?詳しく紹介していきたいと思います。

 

評価



デザイン

まずは表面の外観です。

お馴染みのPEAKSロゴがカッコイイですね!

 

表面を別角度から見た様子です。

写真では伝わりづらいかも知れませんが、ナイロン生地にTPU防水加工が施されています。

 

表面にはマジックテープが取り付けられています。

 

続いて裏面の外観です。

こちらにもマジックテープが付いています。

後から詳しく紹介しますが、表面のマジックテープとくっつけることで防水能力を高めます。

 

機能性

「機能性」については、本付録の肝でもある防水性に焦点を当てて見ていきます。

ポーチの開封口はチャックになっており、チャックを確実に閉じることで防水性が高まります。

 

開封口のチャックを閉じた後、さらに入口を2回折り返してマジックテープを留めることで、開封口が隠れ更に防水性が向上します。

 

別角度から見た様子です。

 

また、細かい点ですが、防水性を高めるため、生地同士は圧着によりくっつけられており、縫い目がない構造になっています。

これらの防水仕様により、PEAKS編集部調べでは、2日間着水状態でもポーチ内部への浸水は一切ないという結果になったとのことです。

 

斬新性

Amazonで「防水ポーチ」で検索してみると、沢山の商品が出てきます。

ただ、本付録のように、チャックとマジックテープで2重に防水しているような商品や、アウトドアを想定して頑丈に作られた商品となると見当たらず、本付録の唯一無二さが分かるかと思います。

 

使いやすさ

本付録、サイズ感が大きすぎず小さすぎず「ちょうどいい」ので、充電器などの電気機器やファーストエイドキット、着火道具など水に濡らしたくないものを入れたり、財布代わりに使うなど、あらゆる用途で使えそうです。

 

注意事項です。

高い防水性能が期待出来そうな本付録ですが、水に沈めるなどの用途は控えた方が良さそうですね。

 

ポーチの上部にはループが付いているので、カラビナを付けることで使い勝手が向上しそうですね。

 

コスパ

今回のBE-PALの購入単価は税込み1,210円でした。

軽くAmazonで「防水ポーチ」のキーワードで探してみると、大体900~2,000円くらいの価格帯が多いですね。

本付録の機能性を考えると、かなりコスパが高いと感じました。

 

以上、PEAKS 2021年3月号付録の「ガジェット防水ポーチ」の紹介でした。